トップページ > 家づくりのこだわり

家づくりのこだわりPassion

家造りのこだわり

工事・打ち合わせの進め方
当社は、出来る限りお客様のご都合(ご要望)に合わせて、工事やミーティング等をすすめていく様に心掛けています。当社の新築の場合、完全自由設計ですので打合せは特に重要です。
とくに、リフォームの場合は、家主様がそのお家に住まわれながらの工事になる事が多い為、工事中の音・木クズ等、大きくストレスを与え続ける事になってしまいます。新築工事よりも素早く、かつ、丁寧な対応が必要だと思っております。丁寧な作業を心掛けつつ、工事の進み具合に応じて、スムーズな打ち合わせと対応で予定通りに完成させる為に努力をしています。
職人の手作業
上棟前のスミつけキザミは当社の工場にて職人の手作業で行います。
プレカットへは一切出しておりません。
そのため新築の場合は年間5棟と限定させて頂いております。

ベタ基礎
当社では基礎の高さを高めにすることが多いです。(45cm以上にすることが多いです)これは、床下の換気をよくする。又、設備等のメンテナンスのために床下に入りやすいようにと考えたからです。また、全面敷きの基礎パッキンを使い最高の強度を保ち、通気を確保しながら害虫の侵入を防いでいます。
土台
ヒノキは腐れにくい性質ですので、土台に適していると考え、当社ではヒノキを土台にするというこだわりを持ちました。見えないところにも手を抜かず、孫子の代まで使える家にしています。
土台含水率
木材の含水率は、乾燥収縮による変形・強度に大きく影響するため、使用する木材の含水率は、極めて重要になります。一般に、木材を乾燥すると、まず自由水が失われ、その後結合水が失われて、含水率0%に達します。この経過のなかで自由水が失われ、結合水が細胞内で飽和状態にある含水状態を繊維飽和点といい含水率は
約30%です。
2件分の乾燥材
当社の倉庫には、新築2件分ほどの木材を常時在庫しております。木材を乾燥させて使用する事で、木材のゆがみ・反りを防ぎます。そして、このいい素材をそのまま生かし「自然素材」「無垢材」にこだわった家造りをしたいと思っております。
お年寄りへの配慮
当社は、施設や店舗を建てる際に佐賀県が定めている「福祉のまちづくり条例」に適合する建物を設計し、建築しています。(体の不自由な人でも安心して利用できるつくりを示した条例)竣工すると佐賀県庁地域福祉課の完了検査を受け「適合証」を頂いています。そして、当社には福祉部(グループホーム)があります。お年寄りの暮らしに配慮した設備・造り・法的基準を学びました。この知識を一般住宅にも生かして設計したい!!そう意気込んでいます。


新提案『古くて新しい暖房』




薪(マキ)ストーブ  輸入品もよく出来ています。
緩やかに体のしんまで温まり、ゆらめく炎が心をいやすと、愛好家に根強い人気の薪ストーブ。ここ数年、地球温暖化による環境意識の高まりや原油高騰で、人気が徐々に高まっています。薪ストーブは、最もシンプルで身体に優しい暖房器具、メンテナンスや薪集めで手間はかかりますが、それもまた楽しみのひとつです。また、暖房器具としてだけでなくストーブの中で燃える炎を見ていると心も癒されていきます。クッキングストーブとしても使え、環境にも優しく、心も体も温めてくれる薪ストーブをおすすめします。
囲炉裏(いろり)  当社で作成した座卓兼用の囲炉裏です。
畳の部屋でお酒をのんだり食事を楽しむなら囲炉裏を作ってはどうでしょうか。陶器火鉢や箱火鉢も風情があっていいですが、ここは大きめの囲炉裏をおすすめします。蓋をつければ座卓にも使えて便利です。掘こたつにしたり自在鉤をつけたりするとまたいいものです。
かまど  当時のままですが手を加えれば現代でもおしゃれに出来ます。
居酒屋や炊飯器の名前ではよく聞く言葉ですが、本物を見たこと無い人も多いのではないでしょうか。以前は西日本の農家の台所は土間で必ずかまどがありましたが、今ではすっかり見なくなってしまいました。時代の変化と共に姿を消したかまどですが、暮らしと価値観の多様化で台所やリビングを土間にした住宅も出てきていますので、かまどを復活させてみるのも面白いと思っています。かまどで炊いたご飯はとびっきり美味しいとよく聞きます。個性とより本物を求めるなら、一度考えてみてはどうでしょうか。
マホーかまど  一連 茶色 タイル仕上げ
     サイズ:H400 W520 D500 バイ370o

30数年前に姿を消した本物の新品「マホーかまど」を倉庫で発見しました。恐る恐る梱包を解いてみると側面と背面に少し錆が出ていますが、タイルは当時の輝きのままで本体に傷や割れはありませんでした。2連かま、大小2連かまなど数種類で計11個あります。今回、これらを販売、施工するよう計画中です。本物のかまどにご興味のある方は御連絡下さい
ページトップへ戻る
Copyright(C) 新築・増築・改築・リフォーム 株式会社大延建設 2012 All Rights Reserved.